書道書籍出張買取タグ一覧

0120-305-497
愛知県岡崎市にて、ご遺品の書道具、「古名硯」全5巻他を出張買取

2019年10月20日(日曜日)
9月14日、15日は岡崎市にて出張買取を受け賜わりました。
ご依頼主様は、この度、お亡くなりになられたお父様のご遺品の整理に遠方から来られたそうです。
家屋に遺された様々なお品の査定をご希望されており、初日の14日は私が得意とする古書籍を拝見致しました。

 

お売り頂ける書籍は居間、書斎、階段脇に据え付けられた書棚に保管されており、相当な読書家だった事がわかります。
この中で特に目を引いたのが二玄社から限定で刊行された「古名硯」全5巻でした。
高価な書籍となりますので、購入された方は丁寧に取り扱われる方が多く、私が今まで拝見した古名硯は美本ばかりでしたが、ご依頼主様のお父様は熟読されておみえだったご様子で、題箋に剥げ、ドッグイヤー(ページ角折り込み)、本文に墨による染みもございます。
お買い求めになりたいお客様がとても多い名著ではございますが、このような状態ですと、さすがに減額せざるをえません。
ですが、買取金額を申し上げたところ、ご依頼主様には高額だったご様子で、とてもお喜び頂けました。
2019-09-14 11.57.53.jpg2019-09-14 11.57.56.jpg2019-09-14 12.06.35.jpg2019-09-14 12.06.40.jpg

 

筆、墨、硯等の書道具もお持ちでしたので、こちらも中古相場を参考にし、じっくりお値段をおつけしてまいります。
2019-09-14 11.58.24.jpg合計の買い取り金額をご依頼主様に申し上げたところ、とてもお喜び頂けました。
この度は漫遊堂(名古屋ブック買取センター)をご用命頂き、誠にありがとうございます。
(翌15日も各種骨董の専門スタッフを同行し、万年筆を買取致しました事もご報告致します)

 

漫遊堂では岡崎市、隣接する豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、新城市、額田郡幸田町、豊川市他、愛知県内を中心に出張買取を受け賜わります。
書道、拓本、書道具~唐本、漢籍、古典籍、古文書、和本、各種専門書、学術書、哲学書、宗教書他。
下記写真にございますような、「飛鴻堂印譜」等、街の新しい大型古書店(古書組合に加盟されていない古書店)では取り扱わない書籍も積極的に取り扱います。
古書のご処分、ご売却の際は弊店を含めました古書組合加盟店までご相談頂ければ幸いです。

2019-10-18 13.41.55.jpg2019-10-18 13.42.09.jpg2019-10-18 13.42.12.jpg

飛鴻堂印譜は汪啓淑(おう けいしゅく)が収集した篆刻の印譜集となります。
写真は乾隆14年(1749年)の翻刻となり、日本国内で刊行されました。
汪啓淑は中国清朝中期の古印、名印の収集家であり、書物も大量に自宅に収蔵されておられたそうです。
このような貴重な印譜集も街の古書組合に加盟されていない新古書店では、価値がわからないアルバイト店員による査定となりますので、二束三文、悪くすると資源として廃棄されてしまう恐れがございます。
故人が長年収集されてきた愛蔵書の査定は、弊店を含めた古書組合加盟店までご依頼下さい。
宜しくお願い申し上げます。


1
買取対象
お問い合わせは0120-305-497
漫遊堂にお任せください
ページTOPへ戻る